龍が如く7

【龍が如く7】#47 十二章―渡瀬勝と荒川真澄の接触で何かが起こる【光と闇の行方】

龍が如く7

 

会社経営とかいいですよ(/・ω・)/

十二章―極道の終焉#3 星野会長

 

龍が如く7

 

現金を渡す春日。

星野会長の方はというと……まだ候補者は見つかっていなかった

でも約束はちゃんと果たすと星野会長は言ってくれた。

 

そして春日は出かける用があると話す。

 

 

龍が如く7

 

理由を聞かれ、荒川真澄が蒼天堀で春日の助けがいることを話す。

 

星野会長も荒川真澄が大阪へ行くことは聞いていた

服役中だった近江連合の若頭が出所する為、その出迎えにいくらしい。

名前は渡瀬勝

 

蒼天堀で荒川真澄に会う時は、拳銃で撃たれることはないだろう

 

 

龍が如く7

十二章―極道の終焉#4 青木遼と沢城丈

 

龍が如く7

 

渡瀬は若頭、荒川真澄は渡瀬代行の立場

早めに一度、顔を突き合わせて挨拶しておくのは当然かと……と沢城。

 

青木遼「なら、なんで今回に限って事後報告なんだ?」

青木遼は荒川真澄の動きは逐一報告しろと命令していた。

しかし沢城も先程知らされた……という。

 

何が起きるか見物だな

 

渡瀬と荒川真澄が会って何も起きないはずがない。

何か企みがあると青木遼。

 

近江連合の会長は寝たきりで、回復の見込みは薄いという。

そうなると、跡目の話もしなくてはならない時期

 

 

龍が如く7

 

青木遼「でももし、跡目の話が起きる前に渡瀬がいなくなると話は違ってくるよな」

荒川真澄はそうなる前に渡瀬を消す?

 

神室町3K作戦の時、青木遼は荒川真澄に東城会を売れと迫った

しかし近江連合を引き込めと言った憶えはないが、荒川真澄は自分の判断で引き込んだ

それで一躍、東城会の三次から近江連合の大幹部へ昇進した。

 

青木遼「頭の切れない極道だと思っていたが、ちゃっかりしてるよ」

 

 

龍が如く7

 

身内が仕切る方が今後、何かと都合がいい

ただ……気になることもある。

 

挨拶だけで済ましたのならそれはそれ。

青木遼「だが、渡瀬を消すつもりなら俺に事前に連絡すべきだろ?」

 

 

龍が如く7

龍が如く7

 

青木遼「ヤクザが力を振るえるのはあくまで俺の監視下でだけだ!!」

青木遼の立場は3K作戦の時とは違う

表の世界の頂点に立とうという人間は、裏の世界の情報も細やかに把握しておく必要がある。

それは相手が実の親でも例外はない。

 

必要なのは歴然とした上下関係だけ

 

 

龍が如く7

龍が如く7

龍が如く7

龍が如く7

龍が如く7

 

 

次回から大阪へ

 

 

龍が如く7

 

関連記事

  このシーンめっちゃ好き(´゚д゚`) [adcode] 十二章―極道の終焉#5     結局みんなで来ることになった春日たち。 ミツ[…]

龍が如く7
龍が如く7
最新情報をチェックしよう!