辻村深月作品

【辻村深月作品】あらすじ・感想/レビュー【まとめ】

辻村深月作品

 

令和5年――2023年1月から読んだ作品の個人的感想/レビューのページをまとめています。

※全作品のものをまとめたわけではありません。

 

お勧めの読む順番

 

  1. 凍りのくじら
  2. スロウハイツの神様(上下)
  3. 島はぼくらと
  4. 冷たい校舎の時は止まる(上下)
  5. 子どもたちは夜と遊ぶ(上下)
  6. ぼくのメジャースプーン
  7. 名前探しの放課後(上下)
  8. ロードムービー
  9. 光待つ場所へ
  10. ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ

 

かがみの孤城

 

かがみの孤城

 

【かがみの孤城 あらすじ・感想/レビュー】

 

”かがみの孤城”はポプラ社から出版されている大人気作品。

2022年12月23日に劇場版が公開されました。

 

凍りのくじら

 

凍りのくじら

 

【凍りのくじら あらすじ・感想/レビュー】

 

凍りのくじら――ある意味特殊な本。

理由としては、各章のタイトルがドラえもんのひみつ道具の名前ということ。

 

スロウハイツの神様

 

スロウハイツの神様

 

【スロウハイツの神様 あらすじ・感想/レビュー】

 

【辻村深月 読む順番】などで検索すると、二番めにおすすめされる作品(人によって多少違うが……)。

少なくとも、”辻村深月”さんを知りたいなら、読まずには通れない作品の1つというわけです。

 

島はぼくらと

 

島はぼくらと

 

【島はぼくらと あらすじ・感想/レビュー】

 

スロウハイツの神様のあとに読みたい物語。

この島の別れの言葉は「行ってきます」。

 

冷たい校舎の時は止まる

 

冷たい校舎の時は止まる

 

【冷たい校舎の時は止まる あらすじ・感想/レビュー】

 

第31回メフィスト賞を受賞した、辻村深月さんのデビュー作品。

上下合わせて1200頁弱の長編。

 

子どもたちは夜と遊ぶ

 

子どもたちは夜と遊ぶ

 

【子どもたちは夜と遊ぶ あらすじ・感想/レビュー】

 

木村浅葱が『i』と会うためにゲームを始める。

それはとても悲しく、残酷なゲームだった。

 

闇祓

 

闇祓

 

【闇祓 あらすじ・感想/レビュー】

 

辻村深月さん、初の本格ホラーミステリ長編。

ヤミハラ――闇ハラスメントを題材にした作品。

 

ツナグ

 

ツナグ

 

【ツナグ あらすじ・感想/レビュー】

 

一生のうち、一度は皆が思うこと――死んだあの人にもう一度会いたい。

そんな夢のある物語。

 

ツナグ 想い人の心得

 

ツナグ想い人の心得

 

【ツナグ 想い人の心得 あらすじ・感想/レビュー】

 

死んでしまったあの人に、もう一度会えたなら。

『ツナグ』、待望の続編。

 

嘘つきジェンガ

 

嘘つきジェンガ

 

【嘘つきジェンガ あらすじ・感想/レビュー】

 

詐欺で騙される話、詐欺で騙す話、短編三作品。

 

  1. 2020年のロマンス詐欺
  2. 五年目の受験詐欺
  3. あの人のサロン詐欺
辻村深月作品
最新情報をチェックしよう!