スロウハイツの神様

【感動小説】スロウハイツの神様上下 あらすじ・感想/レビュー【辻村深月】

スロウハイツの神様

 

【辻村深月 読む順番】などで検索すると、二番めにおすすめされる作品(人によって多少違うが……)。

少なくとも、”辻村深月”さんを知りたいなら、読まずには通れない作品の1つというわけです。

 

あらすじ

 

人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ――あの事件から十年。

アパート――スロウハイツでは、オーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。

夢を語り、物語を作る。

好きなことに没頭し、刺激しあっていた6人。

空室だった201号室に、新たな住人がやってくるまでは……。

感想/レビュー

 

スロウハイツ上巻に関しては、70%くらいが人物紹介的な話が続いています。

どういう人物なのか、どういう作家なのかという話で、大きな動きがないため、少し物足りなく感じると思います。

 

そして動くのはその後から。

あらすじにもあるとおり、201号室の新たな住人がかなり重要。

 

小説で人が死んだという事件。

十年前はどんなだったのか。

なぜ、そんな事件があって、今があるのか。

 

たくさんの出来事と、その伏線回収。

愛とは、友情とは、人間とは……。

1つの線に繋がるごとにくる感動に、頁を捲る手が止まりませんでした。

 

辻村深月 読む順番のおすすめ

 

  1. 凍りのくじら
  2. スロウハイツの神様(上下)
  3. 冷たい校舎の時は止まる(上下)
  4. 子どもたちは夜と遊ぶ(上下)
  5. ぼくのメジャースプーン
  6. 名前探しの放課後(上下)
  7. ロードムービー
  8. 光待つ場所へ
  9. ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ

 

人によっておすすめな順番はあるみたいですが、私は上記の順番で読んでいきます。

 

【感想・あらすじ/レビュー】

⇒かがみの孤城
⇒凍りのくじら
⇒冷たい校舎の時は止まる上下
⇒闇祓

スロウハイツの神様
最新情報をチェックしよう!